読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆるニュースウォッチ

国際、経済のニュースのを中心に感想をゆるゆると書きます。

スポンサーリンク

国際報道2017 5月8日 電子決済が変えた中国の自動販売機事情

中国では今スマートフォンで買い物ができる自動販売機が急増している。現金を持たずに気軽に買い物ができるスマートフォンを使った電子決済の利用が拡大している為。電子決済対応の自動販売機の数は3年間で倍増。中国東北部自動販売機を生産している日系の電機メーカーは生産が好調な為、今年7月にも新たな工場を稼働させ生産能力を現在の2倍の年間10万台に引き上げる。

続きを読む

WBS 2017年5月5日 KDDI スマートドローンの事業化を目指す。

携帯通信大手のKDDI新潟県山古志村で日本初となる完全自律型のスマートドローンの飛行実験を行なった。今回開発したスマートドローンは通信回線使っての完全自律飛行が可能。本来人間が操作する必要がある普通のドローンに対してスマートドローンは日本の99%以上のエリアをカバーするKDDIの通信回線により地図上で自在に飛行ルートを設定できる。

続きを読む

WBS 2017年4月24日 人手不足対策にロボット?広がるRPA

人手不足が深刻な中、業務処理を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)が注目されている。大手保険会社の日本生命ではRPAテクノロジーのBizRobo を複数の業務に導入。以前は顧客の住所変更処理の場合、電話で聞き取った情報を社員が手作業で入力しそれを紙に印刷して別の社員がダブルチェックしていた。この処理をBizRoboなら一件あたり30秒と人間の10倍の速さで完了する上ミスをしないためダブルチェックが不要に。

続きを読む

国際報道2017 4月17日 中古部品販売システムをブラジルへ

自動車の販売台数世界7位のブラジル。有数の自動車市場だがその中でまだ未開拓と言えるのが中古車部品の市場。そこに目をつけたのが金沢市で中古車を解体し部品の販売を行っている会宝産業の近藤会長。会宝産業では解体した部品は細かく分類して保管、部品の情報は全て車の種類や製造された年がわかるようにデータベース化している。

続きを読む

WBS 2017年4月12日 POSレジの寺岡精工、セミセルフで躍進

人手不足が問題になっている中これをチャンスとして急速に売り上げを伸ばしているのがPOS製造販売大手の寺岡精工。セミセルフレジのスピードセルフ無人のセルフレジとは違い商品のスキャンは店員が行い横の端末で客が精算を行う。客がバーコードをスキャンする場合に比べ会計のスピードは1.6倍から2倍近く早く、従業員の数も半分で済む。

続きを読む

WBS 2017年3月27日 コンビニに園芸コーナー?ファミマガーデン登場

コンビニ大手ファミリーマートが園芸協会とタッグを組んでパクチーミニトマトなどが家庭でも簡単に栽培できるガーデニングのキットを発表、ファミマガーデンとして展開する。都市部の住宅でも気軽に育てられる家庭栽培キットをサカタのタネ住友化学園芸と共同開発し各コンビニに園芸コーナーを設ける。

続きを読む