読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆるニュースウォッチ

国際、経済のニュースのを中心に感想をゆるゆると書きます。

スポンサーリンク

国際報道2017 3月27日 トヨタとスズキ タッグを組んで巨大市場へ

急速にに拡大するインドの自動車市場。2020年には日本やドイツを抜き中国アメリカに次ぐ世界3位の巨大市場になると見込まれているが大きな問題も。市場の拡大に伴って交通事故が急増し犠牲者の数は年間14万人に達し世界最悪。街中では交通事故で大破した車がそのまま放置されているのがよく見られる。さらに大気汚染も深刻で今や中国と並ぶ世界最悪のレベル。インド政府はこれらの対策の為に車の安全性能と環境性能の規制を強化する方針を打ち出した。

続きを読む

国際報道2017 3月17日 エコと機密対策を1台で世界初の乾式オフィス製紙機

機密情報の漏洩に対して世界的に危機意識が高まっている中、この問題を解決する新たな技術に注目が集まっている。長野県にある八十二銀行では顧客の個人情報や企業との取引記録など1日あたり10万枚以上の紙を使用する。使用した紙は情報漏洩を防ぐため専用の箱に入れて回収し定期的に処理工場へ運ぶ。機密を守るために大型トラックへの積み込みも行員が全て行わなければならない。

続きを読む

国際報道2017 3月16日 立山町雪解け天然水を台湾でアピール

ミネラルウォーターの消費が世界でも多い台湾、欧米大手メーカーもしのぎを削る市場に挑んでいるのが北アルプス立山連峰の麓にある富山県立山町。良質な天然水は町の主力産業になっているが近年は国内市場では伸び悩んでいるため新たに狙いを付けたのが消費量の多い台湾。

続きを読む

国際報道2017 3月14日 インドネシアの地熱発電に日本の技術力

人口2億5,000万東南アジア最大の経済規模を誇るインドネシア、国内の電化率は未だに88%にとどまっていて慢性的な電力不足が続いている。そこで新たなエネルギー源として地熱発電が注目されている。火山の多いインドネシアは世界第二位の地熱資源国と言われそのすべてを地熱発電に活用すれば発電量は原発およそ30機分に上るとも。

続きを読む

国際報道2017 3月13日 初演から150年、ワルツの名曲に込められたメッセージ

ヨハン・シュトラウス2世が作曲したオーストリアの第二の国歌と言われるワルツの名曲、美しく青きドナウ。この曲に歌詞が漬けられていたことはあまり知られていない。オーストリアのウィーンで初めて演奏されてからちょうど150年の今年、初演当時を再現し歌詞付きでの演奏が行われた。美しく青きドナウが初めて演奏された1867年当時のウィーンは普墺戦争に破れ、さらにコレラが流行するなど苦難の時代だった。オーストリアでは今、当時の歌詞に込められた想いを伝えようと各地で展示会や講演会が開かれ話題となっている。

続きを読む

WBS 2017年3月8日 外食業界のアルバイト争奪戦、働く環境を重視へ

人手不足が深刻な中で外食業界では各社あの手この手でアルバイト争奪戦に挑んでいる。日本マクドナルドが発表して新たなキャンペーンは約25,000人のクルーの採用を目的とした職業体験ツアー。全店舗の7割をフランチャイズに頼る日本マクドナルドではこれまでアルバイトの採用に関してはほとんどを各店舗に任せてきたが、人手不足が深刻化する中で本社主導で全国的に宣伝する。

続きを読む