読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆるニュースウォッチ

国際、経済のニュースのを中心に感想をゆるゆると書きます。

スポンサーリンク

国際報道2017 1月18日 富山発の小水力発電、ミャンマーへ

国際 経済

注目のクリーンエネルギーの一つ小水力発電水力発電は水が高いところから低いところへ流れる時のエネルギーを利用して発電する。特に農業用の水路等を利用する小規模なもの小水力発電と呼ぶ。農業用水路への設置は常に水が流れていて安定した発電ができるメリットがある。

 

富山県北陸精機が開発した発電機パワーアルキメデスは小水力発電の中でもより小型で水路に設置するだけで平均的な家庭10世帯が1年間に使う量を発電できる。元々は除雪車用の螺旋状のスクリューを製造する会社。スクリュー製造の技術を発電用の水車に応用。およそ1千万円の発電機はすでに全国各地で導入されているが、今年はさらに海外への進出も見据える。ターゲットは目覚ましい経済発展をしているミャンマー。電気が普及している地域は国全体の3割程度と低く、更に稲作が盛んで農業用水路が多いことに注目。ODAの事業に参加してJICAから受注、ヤンゴンから500キロ離れた農村に納入が決まった。上手くいけば現地での生産も検討。安い労働力で大幅なコスト削減と現地の雇用にも貢献できる。と。

 


ミャンマーならそのまま陸路で輸出も可能か。発電機工場建設の為農地が無くならないことを祈る。