ゆるゆるニュースウォッチ

国際、経済のニュースのを中心に感想をゆるゆると書きます。

経済

国際報道2020 2月26日 シンガポール 今度の新入社員はロボット、「僕ラップもできます!」

日本でも深刻な問題になっている労働力不足。シンガポールでも2010年以降労働人口は減少傾向でこれを補っているのが外国人労働者。シンガポールの労働人口に外国人が占める割合は38%と非常に高くなって問題になっている。政府は外国人労働者頼みの現場を見直…

国際報道2020 2月25日 マンハッタン 今にも倒れそうな金余りタワー

今、NYマンハッタンでは300m級の極細の超高層分譲マンションが周辺景色を変えている。極細の背景には建築技術の向上に加え、地価が高いマンハッタンでは広い土地の確保が難しいため。 販売価格はどの物件も10億円から数十億円と超高額。しかしながら既…

WBS 2020年2月5日 カナダからの刺客? amazonキラー

楽天やamazonと言った大手通販サイトが圧倒的シェアを持つ一方で企業や店の自社サイトから直接購入する人も増えている。 アメリカの靴メーカー オールバーズ allbirds.jp はかつて米国のamazonに出店していたがいつのまにか自社デザインとよく似た靴がamazon…

国際報道2020 2月5日 悪しき制度が問題を解決?インドのリサイクル事情

急激な経済成長が続くインドでは 1日あたりのゴミの排出量は16万トンにものぼる。その多くは焼却等処理されずそのまま処分場に積み上げられている。その高さ70m近くなる所も。周辺では衛生環境も悪化し処分場自体の数も足りない。その問題に昔からの…

国際報道2020 2月5日 ドイツ 仮想渋滞発生

ドイツのアーティストがたった一人で渋滞を引き起こした。 と言っても実際には道はガラガラ、地図アプリ上だけで起きた仮想渋滞の話。 www.cnn.co.jp

WBS 2020年1月22日 増税を追い風に、新スタイルのラーメン出前

消費税増税の影響もあり急速に拡大している出前ビジネス。外食チェーンの日高屋は19年年末から中華そばの出前を解禁した。 hidakaya.hiday.co.jp demae-can.com

WBS 2020年1月22日 捨てていた小物が稼ぎ頭に、輸出用サツマイモ。

国として農林水産品の輸出額1兆円を目指す中、注目されているのがサツマイモ。シンガポールでは街中の至る所で焼き芋が売られている。アジアを中心としてサツマイモの輸出額は10年間で12倍になった。

WBS 2020年1月21日 トレたま インクのいらないホワイトボード

昔からある磁石で書くお絵描きボードの大型版www.plus.co.jp

国際報道2020 1月20日 Mojo Visionのスマートコンタクトレンズ

アメリカのスタートアップ起業 Mojo Vision www.mojo.vision がスマートコンタクトレンズを開発している。

国際報道2020 1月16日 バンコクの渋滞緩和はAIと人の連携プレーで

東アジアの登場国は急激な経済成長の一方で世界的に悪名高い渋滞がますます深刻な問題になっている。移動に時間がかかってイライラするだけでなく無駄に燃料を消費し大気汚染による健康被害等、影響を試算していくとは巨額な経済損失つながっている。

WBS 2020年1月14日 環境負荷低減へ帆を上げる商船三井

大気中の二酸化炭素濃度は観測以来最高記録を更新し続けている。ある観測地点ではわずか31年で17%も上昇している所も。 脱炭素化を語る上で欠かすことのできない業界が輸出入品の99.7%を担う海運業界。国際海事機関は2050年までに温室効果ガスを2008年度と比…

WBS 2020年1月14日 うどん県の一石二鳥のCO2対策

腰の強さが魅力の讃岐うどん。うどんの消費量日本一を誇る高松市の全国に8店舗を構える人気店さぬき麺業にはある問題が。 www.sanukiudon.co.jp それは麺を切り出す際に出る大量のうどんの切れ端の廃棄費用。廃棄される切れ端は年間150トンになり処分に350万…

国際報道2020 1月10日 培養肉 オープンソース細胞農業が食糧危機を救う

世界の肉の消費量は新興国の経済発展もあり年々伸び続けている。2010年代に消費量は3億トンを超えて今後も増え続けると予想されており、将来的には供給量の不足に陥るタンパク質危機が懸念されている。 そんな中注目されているのが代替肉や培養肉と言った人…

WBS 2020年1月7日 牛の次は豚、アメリカの代替肉メーカー。あと大江さんの働き方改革。

アメリカの代替肉メーカー インポッシブルフーズ impossiblefoods.com は6日大豆など植物由来の原料で作る豚のひき肉を開発したと発表、試食会を開いた。

国際報道2020 1月6日 「Ualá」 貧困層へのサービスが中南米の金融を変える

アルゼンチンの金融サービス会社Ualá。 www.uala.com.ar 創業者は32歳のピエルパオロバルビエリ。ハーバード大学等で金融を学びゴールドマンサックスを経て3年前に起業。スマホの決裁アプリを開発したところ爆発的な人気を呼んだ。きっかけは貧しい人たち…

国際報道2017 12月8日 中国ネット通販大手の止められない無人化戦略

人口の半分にあたる7億人以上がインターネットを利用している中国ではネット通販の市場が急拡大、去年は前年を39%上回った。そこに導入されたのがハイテク技術を駆使した無人化戦略だ。中国のネット通販大手 京東(ジンドン) global.jd.com が記者会見で打ち…

国際報道2017 11月30日 デンマークのどちらも諦めないevシフト

様々なメーカーが次々と新型の電気自動車を発表し急速にevシフトが進む中、それによる温室効果ガスの増加の可能性が指摘されている。EEA欧州環境機関によればEUで8割の車が電気自動車になった場合、新たに必要になる電力は150ギガワット原発150基分に当たる…

国際報道2017 11月22日 イスラム文化と日本芸術の出会い 西陣織礼拝マット

京都を代表する伝統的な高級織物西陣織が増え続ける外国人観光客を見据えて新たな商品を生み出した。国際観光都市である京都では近年イスラム教徒の観光客が急増している。敬虔なイスラム教徒は1日5回のお祈りが欠かせない。お祈りで使う礼拝用のマットに西…

国際報道2017 5月22日 高度な技術が仇に?香港の竹製足場

香港の高層ビルの建設現場では足場に竹が使われている。職人たちは竹をナイロン製の紐で結だけで次々に足場を組み上げていく。軽くて扱いやすいうえ、中国本土から仕入れる竹は1本200円ほどで鉄パイプの20%で済むため広く普及している。竹の足場が中国から伝…

国際報道2017 5月8日 電子決済が変えた中国の自動販売機事情

中国では今スマートフォンで買い物ができる自動販売機が急増している。現金を持たずに気軽に買い物ができるスマートフォンを使った電子決済の利用が拡大している為。電子決済対応の自動販売機の数は3年間で倍増。中国東北部で自動販売機を生産している日系の…

WBS 2017年5月5日 KDDI スマートドローンの事業化を目指す。

携帯通信大手のKDDIが新潟県山古志村で日本初となる完全自律型のスマートドローンの飛行実験を行なった。今回開発したスマートドローンは通信回線使っての完全自律飛行が可能。本来人間が操作する必要がある普通のドローンに対してスマートドローンは日本の9…

WBS 2017年4月24日 人手不足対策にロボット?広がるRPA

人手不足が深刻な中、業務処理を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)が注目されている。大手保険会社の日本生命ではRPAテクノロジーのBizRobo を複数の業務に導入。以前は顧客の住所変更処理の場合、電話で聞き取った情報を社員が手…

国際報道2017 4月17日 中古部品販売システムをブラジルへ

自動車の販売台数世界7位のブラジル。有数の自動車市場だがその中でまだ未開拓と言えるのが中古車部品の市場。そこに目をつけたのが金沢市で中古車を解体し部品の販売を行っている会宝産業の近藤会長。会宝産業では解体した部品は細かく分類して保管、部品の…

WBS 2017年4月12日 POSレジの寺岡精工、セミセルフで躍進

人手不足が問題になっている中これをチャンスとして急速に売り上げを伸ばしているのがPOS製造販売大手の寺岡精工。セミセルフレジのスピードセルフは無人のセルフレジとは違い商品のスキャンは店員が行い横の端末で客が精算を行う。客がバーコードをスキャン…

WBS 2017年3月27日 コンビニに園芸コーナー?ファミマガーデン登場

コンビニ大手ファミリーマートが園芸協会とタッグを組んでパクチーやミニトマトなどが家庭でも簡単に栽培できるガーデニングのキットを発表、ファミマガーデンとして展開する。都市部の住宅でも気軽に育てられる家庭栽培キットをサカタのタネや住友化学園芸…

国際報道2017 3月27日 トヨタとスズキ タッグを組んで巨大市場へ

急速にに拡大するインドの自動車市場。2020年には日本やドイツを抜き中国アメリカに次ぐ世界3位の巨大市場になると見込まれているが大きな問題も。市場の拡大に伴って交通事故が急増し犠牲者の数は年間14万人に達し世界最悪。街中では交通事故で大破した車が…

国際報道2017 3月24日 Here we go!フランス国鉄 廉価版TGVで攻勢

フランス国鉄が格安高速鉄道Ouigoで攻勢をかける。運賃は通常のTGVに比べて平均半額。中には1000円というキャンペーン価格も。現在は高速鉄道の輸送量のうち5%を占めているが、これを2020年までに20%に増やす計画。

国際報道2017 3月17日 エコと機密対策を1台で世界初の乾式オフィス製紙機

機密情報の漏洩に対して世界的に危機意識が高まっている中、この問題を解決する新たな技術に注目が集まっている。長野県にある八十二銀行では顧客の個人情報や企業との取引記録など1日あたり10万枚以上の紙を使用する。使用した紙は情報漏洩を防ぐため専用の…

国際報道2017 3月16日 立山町雪解け天然水を台湾でアピール

ミネラルウォーターの消費が世界でも多い台湾、欧米大手メーカーもしのぎを削る市場に挑んでいるのが北アルプス立山連峰の麓にある富山県立山町。良質な天然水は町の主力産業になっているが近年は国内市場では伸び悩んでいるため新たに狙いを付けたのが消費…

国際報道2017 3月14日 インドネシアの地熱発電に日本の技術力

人口2億5,000万東南アジア最大の経済規模を誇るインドネシア、国内の電化率は未だに88%にとどまっていて慢性的な電力不足が続いている。そこで新たなエネルギー源として地熱発電が注目されている。火山の多いインドネシアは世界第二位の地熱資源国と言われそ…